ブラックフライデーを聞いたことありますか?

数年前から日本でも浸透しているアメリカで行われる大規模なセールのこと。

 

日本では、イオン、ZOZOTOWN、外資系のH&MやGAPなどもブラックフライデーを開催しています。

そして、もちろんBUYMAも!

 

ブラックフライデーはセールが開催される日というのは、分かったかと思いますが、

 

なぜブラックなのか

 

なぜフライデーなのか

 

なぜ11月なのか

 

などなど疑問に思うこともあるかと。

 

では、ブラックフライデーがどういうものなのかご紹介したいと思います!

 

ブラックフライデーの由来は?

 

一番よく聞く諸説では、

「セールを開催することで、お店の売上げが上がり、どんなお店でも黒字になる」

ということからその様に呼ばれるようになったそうです。

 

ブラックフライデーの始まりは、1961年頃、フィラデルフィアで。

 

そして、1975年にはアメリカのほとんどの場所で広まったと言われています。

 

当時は、多くの買い物客で道路が混むことから、「ブラックフライデー」と呼ばれるようになったそうです。

また、ブラックフライデーというワードを作ったのは、警察官。

人が街に溢れ仕事が増えるため、「真っ暗な金曜日」と呼んだそうですよ。

どれだけの人がいたのか想像すると凄そうですね。

 

ブラックフライデーはいつ?

 

アメリカなど欧米には「感謝祭」があることは耳にしたことがあると思います。

感謝祭とは、家族や親戚が集まりターキーなどを豪華な食事をする、国民の祝日。

 

ブラックフライデーは、この感謝祭の翌日からセールが開催されます。

 

感謝祭の翌日と聞いても、馴染みのない日本人からするとピンと来ないですよね。

 

感謝祭の翌日と、11月の第四金曜日のこと。

つまり、毎年この日がブラックフライデーにあたります。

 

2018年は、11月23日

 

このブラックフライデー自体は、正式な祝日ではないですが、多くの人は休暇を取り買い物に行くという感じですかね。

 

ブラックフライデーは、金曜日なので11月の第四金曜日を指しますが、

セール自体は、ブラックフライデーからクリスマス当日までが一般的だったり。

 

感謝祭のギフトの売れ残りも一掃セールされ、またクリスマス商戦の幕開けでもある日。

 

イメージとしては、日本のお正月の初売りのような感じです。

日本でも元旦の翌日から多くの商業施設などでセールあ開催されますよね。

街中も多くの買い物客で賑わいます。

 

つまり、「ブラックフライデー=初売り」ですね。

 

BUYMAはいつから?

 

最初にBUYMAでもブラックフライデーが開催されると紹介しました。

 

本場アメリカでは、感謝祭翌日からクリスマス当日が一般的。

 

BUYMAでは、下記が開催日時。

 

・11月23日(金)

・11月24日(土)

・11月25日(日)

 

しかし、他と違うのがBUYMA

会員の方は、11月21日(水)19時よりスタート。

 

一足早くお得な商品が購入できるなんて嬉しいですね★

 

購入者もお得にBUYMAで買い物ができ、出品者もお得に仕入れができたり、

通常よりも問合せや受注が増えるチャンスのブラックフライデー!

 

積極的にブラックフライデーを活用し、お得にショッピングを楽しみましょう!